2013年01月25日

アルジェリア


看板の出ていない、記者や編集者、それも高給取りの記者や編者がたむろす店がある。
魚介類でも、カニの季節はただでさえ熱気ムンムンの店内、すぐにオーバー・キャパシティー。
ご予算はおひとりさま数万円。
常連客とクチコミ、それだけで看板必要なしの店……

昨夜は某社の某氏と3時間近く、カニ、カニ、次々と網で焼かれてくるハマグリや特製カニみそ汁のオンパレード……。いまどき珍しい打合せも兼ねた、ひたすら、カニ、カニ
「会食」である。


これ、平成バブルの名残惜しさなんだろうか。

最後には狭い店内にも関わらず、ギターなどが置いてあり、30分ほど「アラビア&インド」ふうライヴBGMをなんとか引き受けた筆者……。
ああゆう時は、さり気なく帽子か箱か器のようなものなら何でも構わないが、チップを入れる何かを店の中央に置くべきなのだろうが、わすれてしまった。
とにもかくにも、その店の丸ごとの毛ガニ、ボイルしたばかり、網で少し焼き目を付けて、っと、食い物のハナシは置いといて、
そう、中東風ギターBGMを始めてすぐに、店内の他のお客さんもいつの間にか話題がアルジェリアでの人質問題。
擁護派と批判派、様々な論争と悲劇を生んだ今回の事件。


 
ふたりの真面目な女性.jpg

アルジェリア問題。

ところできのうきょう始まったわけではない。
古い歴史がある。
過去がある。
最近であれば1992年以降、世俗派とイスラム厳格主義派との衝突がエスカレートしはじめ、同時に急激なる国内情勢悪化。「国家非常事態宣言」。ジャーナリストの人質事件も後を絶たなくなった。
 



悪化のピークだったころは新聞の国際面のはしっこに、そんな記事が毎週のように載っていたのを今でもよくおぼえている。旅行者でもそうであった。


そしてそれは今も変わらない。
ここで、情報収集という面から見れば「丸紅は賢く、日揮はヘタ打ち」という構図にいつの間にかなってしまうが・・・・・・


過去20年間、「アルジェリア」という国は旅人にとってもジャーナリストにとっても二の足を踏ませる「国」だった。



情勢が最も悪化していた1990年代前半から21世紀にかけてはツワモノ旅行者やベテラン商社マン、豪快なジャーナリストたちでさえ――入国はさほど厳しくないが五体満足で出国できるか――という自粛感(ひとによってはスリル感)があった。


とにもかくにも「国家非常事態宣言発令中」国であったことには変わりなし。(この点について、2011年に約20年ぶりに先の物騒な発令は解かれたとのことだが、こうゆうのはカタチだけ、一年や二年でアルジェリアに対するイメージも現実も変わることなどない)。



実際、情勢が最悪だった1994頃、どうにかして入国したジャーナリストの多くは次から次へと人質になっていった。

当時、モロッコ側の国境付近では、アルジェリアに入国を試みる様々な人々でにぎわっていた。

しかし命からがら出国してきた連中の多くは、生きているのが奇跡であるかのようなリアリティのない表情をしていた。

かれらのそんな表情からは、
「アルジェリアなんか忘れて、さっさと帰ったほうがいいぜ」
などとキザに、そして恐怖におびえきった顔……

アルジェリアは20年以上たった今も、まだ世界最悪の「人質御了承」国家として君臨している。
多少なりとも現地情勢に詳しい人間ならわかると思うこと。

さらに、アラブ民主化革命から2年以上経ってもガタガタ諸国、とりわけ現在のエジプトなどを見ると、タカ派が多いのである。イスラム原理主義という言葉は安易に使いたくないので使わないが、中東のタカ派はそもそも政治音痴・経済音痴のふきだまりのようなところ。

大ひんしゅくを買うのを覚悟で書いてしまうが、人質になって殺された方々ひとりひとり、そして「日揮」という会社、目を覆うばかりの自己管理の甘さ。あまりテレビや新聞で同情調のニュースばかり見るのも良くない。事故ではあるが、アルジェリアのような土地に赴くには先述のような「死ぬ可能性大でも赴く」という覚悟が必要。

かれらは生をまっとうしたと思う。

合掌




                文責・丸本武

posted by タケシ・トラバート at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/315992714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。