2012年10月12日

【 ウッドストックへの道 】 THE ROAD TO WOODSTOCK




the road to woodstock


 



     ふといま ウッドストック



 

 先日、誕生日を迎えたばかりの古い?大親友

 Soulmate、ムロケンこと、室矢憲治氏が
 一日17時間で4週間(60日?)でこの大著を翻訳!

 したのは、もうかれこれ一年半前

 音楽好きでなくとも、一家に一冊の重要「決定版」!!

「マスターピース」!!


 今年820日に小学館から、それはそれは長いエピソードと道行きの後、

 まずば初刷り全国の書店で発売中★


  編集は天下無敵の編集者、島本脩二さん!!



DSC02624 (1024x622).jpg


 

◆以下、謎の番組「J-cast」による説明◆

J-CAST THE FRIDAY」第90回放送分。「ウッドストック」の生みの親であり、主催者として現場を指揮したラングは当時24歳、会社などの後ろ盾もなければ、百戦錬磨のプロモーターだったわけでもない。集まったスタッフも半ば素人ばかりで、開催までには数々のトラブルに見舞われた。しかし、40万人もの観衆を集め、期間中会場では1件の暴力沙汰もなく終了、「ウッドストック」は愛と平和の祭典として語り継がれることとなった。『ウッドストックへの道』の訳者・室矢憲治さんと編集者・島本脩二さんを招き、「ウッドストック」の時代について話を聞く。


http://www.ustream.tv/recorded/24432743


 
この「番組」の中で
 ムロケンも島本さんもホントいいこと言ってる


 とても大切なことも言ってる

 (お互い大変な時期だったのに、
  即興 名ゼリフ & 格言 が いたるところに★)

   最後の最後まで要CHECK!!


この「プロジェクト」のために特別インタヴュー

  したのはムロケン!
  されたのはジョニー・ウィンター!





◆翌年劇場公開もされた傑作映画 『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間』

  もうとっくに御覧になられてる方々も、もう一度。


ウッドストック愛と平和と音楽の3日間40周年


 ◆
40周年記念ドキュメンタリー映画⇓
                 Woodstock Documentary

本書を読んでから観るか

観てから読むか

読みながら観るか・・・

とにかく「ウッドストック」へいたる、「背景」・・・知らなかった方

ゼヒ!!

(ナレーションが少々棒読みで気になるけれど・・・
まさに Back Ground of WOODSTOCK !!

Woodstock  Documentary



 おまけ:まめな方も()世の中いるものです・・・が、
 

    撮影(あるいは編集の一部)は

   

  「タクシー・ドライバー」でデビューする直前の
 

   マーティン・スコセッシの可能性大★!?


 




 ★こちらは冒頭のトークでムロケンご本人も触れて、
   日本でもヒットした映画 『ウッドストックがやってくる』予告編

 



 

 ☆ 参考までに: 興味深い「書評」をリンク

  ◆今週の本棚:川本三郎・評
 『ウッドストックへの道』=マイケル・ラング著(室矢憲治訳)

 http://mainichi.jp/feature/news/20120902ddm015070057000c.html


DSC02623 (1024x679).jpg

☆☆☆


★ 室矢憲治MUROKEN 公式サイト】







PS: ★忘れちゃいけない、この瞬間も!!







ps 2:




文責&引用責任:丸本武


 

posted by タケシ・トラバート at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297043225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。