2012年08月04日

◆★ お し ら せ ★◆


いま、これを書いているのが2012年8月4日の土曜の夜。

日曜日を挟んで、週明けすぐの

 8月6日(月)の夜

広島に原爆が投下された67年目の明後日
神保町交差点あるいて1分の
サルベーションアーミー(The Salvation Army Japan)の教会
毎年恒例となって久しい『Peace Hiroshima 8.6』

午後6時半から開催されます。


 関東平野周辺の皆さま、チャリティーイベントの告知です。
( 賞味期限 数十時間のインフォメーション !! )


  ★➔ アクセス(グーグルマップ)


ここで、

出演者のおひとりでもある、ブルームーンさんのブログ、
勝手に紹介↓
Peace Hiroshima 2012 のご案内 (ちょっとだけ出演します)

すばらしいイベント紹介文なので、リンクさせて頂きました。
(フライヤーおもて&裏面付き)(レイナさんありがとー☆)

     =====以下、
FB公式告知サイトより引用=====

"Nobody talks, Nothing changes" 「誰も話さなければ、何も変わらない」

本年で5回目、今年もやります。 広島に原爆が落とされた8月6日に行われる、平和とは何かを考えるイベント。音楽・詩・舞踏・写真・書を通じ、核兵器の悲惨さ、そして命と平和の尊さを訴えます。


★出演:(は、どんな方々?)
 ロバート・ハリス(公式ブログ)
 上畑正和(公式サイト)
 渡辺峨山(公式ブログ)
 澤田勝成(公式ブログ)
 中林万里子(プロフィール)
 レイナ・ブルームーン (公式ブログ)
 伊藤虹 (公式ブログ)

 丸本武

★特別出演(!!)
妹尾研佑、高原亜希子、小野田恵

写真
宮角孝雄 書:森下清鶴


入場料: 1,000円
(収益は広島市被爆者特別老人ホームと福島県被災地に寄附いたします)


後援: 広島市、千代田区、中国新聞社、中国放送、NHKエンタープライズ
協力: オフィス・レガート、bamboo.tv、青山学院大学広告研究会

      ========引用、以上=======

今年は昨年に引き続き、東京のど真ん中にある救世軍の古い教会が会場。
キャパは
たしか、250名ほど、だったような、礼拝堂・・・
いってみればモスクでありシナゴーグであり寺でもあり、と、本来は説法や祈りを行う場所。
今回も救世軍(サルベーションアーミー)の教会での開催。

 ★8月6日、月曜日、18:30から★
会場でお会いできるのを楽しみにしております。


PS:この会場。音、がとても良いのです。“チェルノブイリ” の前年に建造され、古いとも新しいとも言えませんが、木造の部分か多く、ステンドグラスも品がよく、天然の音響と天然の照明設備もまた素晴しく、ほどよく簡素で、ほどよくレトロな空間、またしかり。

客席も演壇も絶妙な一体感。時の流れ方があそこだけ違う不思議なメルティング・スポット。

いめーじぴーすひろしま (1024x755).jpg


地理的に参加困難な方々のために、当日、以下リンクにてライヴ放送される予定です。
インターネット配信➔Click




                 



           情報責任:丸本武
 















posted by タケシ・トラバート at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284823718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。