2012年01月15日

「我々が生涯で最も知りたいこととは」



★しんらばんしょうのひとかけら.jpg






と、いうタイトルと、個々の答えリストは、私が長年に渡って少しずつ手を染めてきた重たいライフワークのひとつ。

「我々」、という表現はいかにも漠然としているので、
「人類」、といった風にもう少し具体化してみる。
いや、それでもまだ漠然としているので、
単に「人間」、という風に身近なコトバに置き換えても差し支えない。

それはともかく、この地球という惑星に生息する我々ヒト科の知的好奇心として、
“何を置いても知りたいこと”のヴァリエーションは、さほど多くないと思う。
たとえば、
「いつ我々が住む宇宙が誕生し、人類が誕生し、いつ我々が住む宇宙が消滅し、人類の記憶が永遠に失われるのか?」
「神はここ数千年間、厄介な病にうなされ高熱で耄碌朦朧、昏睡状態なのか?」
「リインカネーション?」
「あのコは俺に飽きたのか?」
「次の余震は?」
「女、とは?」
「男、とは?」
「森羅万象とは?」
etc.

ヒトそれぞれ多種多様だろうけれど、どれも突き詰めて突き詰めて突き詰めれば、核を成すテーマは同じになるかもしれない。
と、何の根拠もなく勝手に想像するのも今宵悪くない。
が、腐ってもブログ。読み手がいると無理してでも想定して書かねばならない(?)。

もとい、
――キミが今も昔も最も知りたいことがあるとすれば、それは何かね?――
と筆者が誰に問われたならば、はたしてどう答えよう。
知りたいことは幾らでもあるけれど、最も知りたいことヒトつ、という条件が付くなら難しい。

 ――何故、わたくし、いま、ここに、いるの?――

とりあえず、こう答えておこう......
ところで自分のことはどうでもいい。
いまこの時代に地球に住むすべての老若男女が、
「唯一最も知りたいことは?」という質問に真剣に答えたとしたら、
上位を占めるのは、
おそらくすべて“存在”にまつわるものだろう、
と勝手に想像する。

それで、何なの? だからどうしたっていうの? と切り返されたら途方にくれるが、長年に渡って後頭部から視床下部にかけての厄介なゾーンに寄生する、ある種のキチガイじみた好奇心と本能が、くだんの問いでもって、おのれの思考や自我をホワイトアウトの世界に放り込む。
一時的とはいえ、極度の疲労をもたらし、その度合いが年々ひどくなってきている。
万物の全てを知りたい、という人間独自の極めて本能に近い“欲望”は、そして、とどまることを知らない。

いま、私は、最も知っておくべきことからも、最も知りたいことからも、きっとはるか遠くを歩いている。

と、最後は強引に格好ツケておこう。


        takeshi traubet marumoto & 丸本武

posted by タケシ・トラバート at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。