2013年01月01日

世界音楽


チャパティー デリバリー バイク



いつか大晦日にやろうと決めて、いつの間にか毎年、年が明けて〜とっくに何ヶ月も経ってから

「あ、忘れた……」
と思い出して来たのが、
この
 『地中海性気候〜音楽の旅〜』
なのでありますが、詳しい解説などなどは蹴っ飛ばし「音楽」を文字通りそのまま――ただリンクを貼り付ける、という「皆さま御承諾行事」の、一見、しなくとも! ごていねいでない新年早々ブログ・・・

本来意図したカタチにするには かなりの時間とロウドーリョクが掛かると相分かり、
とりあえずのホッタテ小屋『地中海の〜なんたらかんたら〜ヴァージョン……

来年は本腰?いれて?インシャッラー


今回、ただ たくさん好きなのだけをピックアップしてはアカンと、地中海広域、と限定。最後まで無料で聴けるYouTubeのみからのリンク。

大抵の「インナーネットユーザー」がちゃんと聴ける、云々放棄し、出てくる言語はスペイン語にフランス語、サルディーニャ語、ヘブライ語にアラビア語、と多すぎず少なすぎず……

 *********************************

まずは1996年の冬だったか、初めての離婚後にたどり着き、拠点を置いた街バルセロナ。

ロサーナ・アルベロという名の、歌手としては少々遅咲きの、けれど泣かせる曲から身の踊る曲まで多彩多才の人物。


★Rosana -  Si Tu No Estás Aqui
ロサーナ。
ちょうどやみくもな旅路の果てで大ヒットしてた名曲 『 Rosana - Si Tu No Estás Aqui 』 。いつ聴いてもこんなにシンプルで泣かせる曲も珍しいと思う。歌詞の意味がわかるとなお泣ける。



次は一転、しっとりとしたスペイン語ナンバーから、ファンキーなフランス語のナンバーに

★Zaz -  Ma Folie
ザズ。
路上のパフォーマンスがクチコミで話題になり、いつの間にか成功してしまった天然児たち。
でもその実力たるや、そのリズム感たるや、そんじょそこらの「ベテラン」もかなわない!





つづいてイタリアはサルディーニャ島から。実はこの島、土着の音楽だけでなく世界的にも数少ないポリフォニーの伝承地。今回は日本語版アルバムが出たことのある本物のベテラン、歌姫エレーナ・レッダ

★Elena Ledda - 
Cantu a Dillu
エレーナ・レッダ
彼女のことは十代の頃から大好きで知っていて、22才の時にイスタンブールで短期間アパートを借りていたことがあるのだけれど、隣りに住んでたサルディーナ人…曰く
「エレーナ・レッダを好きな人間はどんなヤツでも信用する!!」





★Dulce Pontes,  Os Índios da Meia-Praia
ドゥルス・ポンテス。
日本でもたくさんのアルバムが発売され、もやは説明するまでもないけれど、アマリア・ロドリゲス亡きあとの「ファド」を、ここまで異次元・異空間に広げながらも切なくサウダーデ(ソダーデ)している素晴しい女性。





★Noa ことAchinoam Nini 
ノア、ことアキノアム・ニニ
ここでもさほど前でない時期に取り上げたので、そちらをご参照?(ひとつの言語につきひとりのアーティストなので)〜 ノアよりもっと高い頻度でとり上げているオフラ・ハザをはじめとしたイスラエル人アーティストに関心のある方は、テルアヴィヴのInternetラジオにゴ−





Fayrouz
ファイルーズ
このひとの、この曲も忘れられない
語ること多すぎる曲なため、以下、後略(笑)






                 文責・引用責任:丸本武

posted by タケシ・トラバート at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。