2012年11月17日

うつ病 前夜祭!


うつ病前夜祭、というのは、「パリ祭」だとか「収穫祭」だとか「感謝祭」だとか「犠牲祭」だとかと同じように毎年必ずやってくる。

ただ、先が読めない、という決定的な違いゆえ、革命前夜祭のほうがニュアンスとしては近いかもしれない。


あるていどギリギリのところで――祭り事やら革命やらを横目に見ながら――開催時期の少しだけ前に「いつなのか」はわかる。
というのが、うつ病前夜祭。

たいてい予兆らしき心身の変化が二週間ほど前から顕れてくるのだが、
日々の雑事煩悩にかまけてなかなか気づかないことも多い。



そんなわけで、うつ病前夜祭なるうわ言、うつ病前線が完全に通過しきるまで続きにつづくのである。

ただ、自己認識できている内が花、そのまま様々なことが億劫になっていつの間にかモノホンのうつ病患者。

ほとんどの場合、前線が通り過ぎ〜前後も含めて2ヶ月ほど、というのが私のケースだけれど、
中には自覚不可能のまま行くところまで行ってしまう方々〜これからの季節、うな重のぼり警報。

「行くところまで行ってしまう」という表現は、もちろん「自殺」だとか「強制入院」だとか、ふ、の香りが漂うが、

不謹慎ながらも羨ましく思うときがある。
けれど、
私の場合は
 たまたま
  別の意味で
   「行くところまで行ってしま」った〜ことが

 過去に何度かあるようなので、

――その「羨ましい」という感情も、どのようなワケか完全に醒めてしまっているらしいということだけは知っているはずなのに詰まる果てがどのようなとこだったのかなどはクラーク・ゲイブルと共に去りぬ――

          ◆

ハナシ変わって、ニッポンいち 「ニッポンの冬」 が嫌いな小生、
べケタミンもメスカリンも効力なしの硬直メンタル・・・・・

いかにこの「日本の冬」をゴマかそうか、バックれようか、考え中。


ところで、本当のうつ病の方々にとって、今年の冬越えはかなりの試練になりそうである。
などと簡単に書いてしまってはいけないのかもしれなくもないのでサッと


この冬は昨年の自粛モードの反動
  &
キビシイ家計状況も一瞬忘れて「忘年会」で消費されるアルコール量は相当なものだろーなー、と勝手に推測。


 「忘年会」だけでなく「何々会」「打ち上げ」「打合せ」等々には付きものの「酒の席」・・・・・・

下戸で外食嫌いなオレは、毎回、「ウーロン茶」片手に何かに添え物のパセリ(肉や珍味には興味なし)をつまむ程度。
これがぼくにとってはかなりの厄介ごと。
おまけに清算は「人数分で割って、ひとり4,000円ねー!」とくる。

「4,000円」は決して安くは無い、が、驚くほど高くもない。
ただ、それが週に2度や3度もあるので数年前から「忘年会(飲み会)」は欠席、酒のない席でアラタメテ、とダダをこねるようにしてる。

フリーランスや自営で生きてる方々にとって、酒の席は大きなプロジェクトや企画が決まるところでもあるから馬鹿に出来ない。
もちろん下戸でもサクサク仕事し、集まっては食事し、新たなプロジェクトや企画をその場で通してしまえる達人もいる。
問題は、この寒くなる季節、映画のように安ワインやチーズ囲んで暖を取る、という如何にも楽しそうな輪に加われないということか……

  でもって かなりサム〜く 切ない季節の到来

traubert with grass.jpg

 
 小生、繰り返すが、本当にからっきし酒がダメなのだ。
 医者に止められてるから等のレベルでなく、
 単に「下戸」なだけ (アルコール分解コウ素・皆無症?)。
 本当にアルコール類は一口も呑めない。 コニャック入りのチョコレートでアウト・・・

ほかの皆があふれんばかりの笑顔で、なおかつ心の底から幸せな表情(絵描きのオレはどうしても人の表情の裏の裏をハンティングしてしまう)。
そんな風景を見ながら、

「俺があんなに楽しそうに最後に笑ったのはいつだったろうか?」
 と・・・・・・


お酒がせめて飲めるカラダなら日々のストレスも多少は減って、笑顔などいちいち毎回作らなくとも……
などとよく思うが、もしお酒が飲めるカラダだとしたらとっくに重症のアル中。
いま、このくたびれた世の中には生きていないだろう。

そんなこともおもう

P.S
( たしか思春期の終り頃、恋人の条件に『酒が飲めない』 『煙草が大好き』(笑)という項目を入れたことがあったけれど、のちに結婚した三人のワイフは皆、お酒が苦手でタバコやマリワナは大好きのアーティストばかりだった )


  以上!!
                      
                              丸本武
posted by タケシ・トラバート at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

意識革命



2012年 意識大革命


といっても、昨今の書籍やテレビやウェブ上で安易に使われている「意識」「大革命」「革命」などとはハナシのラベルからして違う。

ところで筆者である「私・オレ・ぼく」の、いま現在、理解していることはというと、
年内(
2012年)から来年(2013
年)にかけてが、
精神的・物質的・肉体的・統計的にも、
人類が誕生してこのかた誰も見たことも聞いたことも感じたこともないほど大きな「変化」が起こるであろうこということ。

それも理屈なく間違いないのだ。

と、信じてしまいたくもなるエスケープ組……。

「世界の終り」についてではなく、「ヒト科」のマイナー化について、という側面から考えればさほど悲観的になることもないだろう。

そもそも、この太陽系第三惑星地球。

ひとが住むにも何にもキャパがある。

大陸がこれくらいで、海が占める面積はこれくらいで……とやってゆけば、この惑星にちょうどいい人類人口は、おそらく
100万人ほどだろう。現時点の7千分の1、というところか。その隔たりたるや尋常ならざらの極致。

そして同時ひとりつぶやく「終焉と再生」。

はたして、どれほどの人類が「その後」の世界で生息できるのだろう。

そんなことまで心配してしまうほどこれからの数カ月間、この惑星に勝手にそれもタダで間借りさせてもらってきた「人類」は、そろそろ他の種に王座を明け渡し、期限がとうに切れた年貢でもちゃんと納め、天災人災による「間引き」が始まるのを、ただ指をくわえてみているだけでなく、悔恨の情と共に、これらは決して他人事などではないのだと、身を引き締め順番を待つ。





 



タグ:意識革命
posted by タケシ・トラバート at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

漠然に「外国」というコンセプト 儚さ

on-na


帰国した、という感は、幸か不幸か毎回の如く、無い。
生まれ育った “ 国 ” に帰って来た、というだけでの意味で、私は “ 帰国した ” と書ける。


はたして何処から何処へ “ 帰って ” 来たのだろう……


   ◆


以前、ここでも幾度か触れた覚えがあるけれど、
  「国」という概念、
  「外国」という概念、
  「国家」という概念、
  「故郷」という概念、
  

 そして「帰着」というコンセプト……
 
(それにしても、ろくでもない空虚でオカト違いな散々たるこの鬱陶しいブン......どうしてくれよう……。
寛大なる読者に謝罪と眠剤を…… ボン・シャンカール)

 何某かを書かねばならない時、どうしても「コトバ」が内包する意味と定義に頭を悩ましてしまう。


それは、ここニッポンを取り巻く環境が、「十年ひと昔」から「五年ひと昔」になり、

現在に至っては 「ひと月ひと昔!」 になってしまっているように感ずることと無縁ではない。


そしてまた、二十世紀末以降、誰もがほんの数万円で、ときには “日帰り” までが可能になり、
「外国」という単語がたんに “ 日本国の外にある国 ” という意味、だけを、臭わしていることが、どうしても気になって仕方がない。

そもそも、ここ “ 日本国 ” も事務的手続きを済ませ “ 出国 ” してしまえば、あたりまえだけれど既にたんなる某 “ 外国 ” でしかない。
もちろん我々ニッポンジンと呼ばれる“日本国籍保有者”は、
その時点でもう、たんなる “ ガイジン ” でしかない。


さらに屁理屈を付け加えれば、この度もまた、たんに “ 外国 ” から “ 外国 ” に移動した、というだけのことである。


移動の過程において、出入国カードに必要事項を書いたりといったナンセンス?な行為には目をつむるにしても、いまだ「国」から「国」へ移るにあたって、前世紀末とさして変わらぬバカバカしさにニヒルな微笑を隠しきれない。


   ◆


だから常に私は、日本国以外の他の「国」から帰って来たとき、“ 帰国 ” という漠然とし過ぎた単語を用いることに対し、異常なまでの違和感を覚えてしまう。


 “ そのとき拠点としている土地への帰還 ”、

あるいは、響きに傲慢さが、かなり見え隠れするけれど、


 “ 来日 ” 、 “ 訪日 ” 、


 または

 “ 日本という不可思議な国への旅 ”  などと書いたりするのです。



                           丸本武   high
posted by タケシ・トラバート at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

シリア難民の冬 と アムネスティ・ジャパン さんからの告知・転載



◆毎度おなじみの【転記・転載・告知】ブログです。。。

 今回は、やはりおなじみ

アムネスティ・インターナショナル・ジャパン
(アムネスティ日本)

と、その前に。

寒くなってきました。
シリア・トルコ・イラク国境付近、ヨルダン北部、シリア難民が仮避難している土地。沙漠で冬も暑いイメージを持たれる方、多いかもしれません。
が、40万人とも50万人ともいわれるシリア難民(かれらの難民キャンプ、その多くは奇しくもクルディスタンに大きくおおわれている)。

冬のクルディスタンはとにかく寒い。
故郷が戦場と化し、すべてを失い難民にいつの間にかなっていたかれら・・・

難民キャンプの多くはトルコ南東部の辺境地帯(冬は雪と寒さで幾ルートもの国道が封鎖される)

主に水平に南北へ続く国境ライン越えてすぐの「沙漠(礫沙漠)」「荒涼とした山岳」

これから「国内難民(シリア国内で難民となり国外脱出がかなわなかった人々)」も
次々と増えてゆくのは確実。

とにかく、仮設テントや簡易リフォーム済みの廃墟で冬を越さなければならないシリア難民……
現状では援助物資不足と内戦進行形と迫り来る極寒、といった三重苦。

 肝心の【転記・転載】は、以下


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
□■□
最近は手紙などほとんど書かず、もっぱらメールや電話で済ますことが多くなりました。でも、たまに手紙など書いてみるのもいいかもしれません。

長い夜を獄中で送っている人たちのために、ライティングマラソンに参加して、一緒に手紙を書いてみませんか。

□■□ 目次 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[NEWS] 日本:ゴビンダ・マイナリさん無罪が確定

              問われる不当な拘禁制度
[FOCUS]
「アムネスティ・ニュースレター」最新号が完成
[ACTION]
パキスタン:命を狙われる少女、マララを守ろう
[SERIES]
ライティングマラソン特集(1
[EVENT]
人権に関する理解を深める交流会(大阪)

□■□ アムネスティ発表ニュース ━━━━━━━━━━━━━

日本:ゴビンダ・マイナリさん無罪が確定

            問われる不当な拘禁制度
………………………………………………………………………………
東京高等裁判所は117日、東京電力の女性社員殺害事件で無期懲
役が確定していたゴビンダ・プラサト・マイナリさんに対し、無罪判決を言い渡した。

こちらのニュースリリースの全文は下記サイトでご覧ください。

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1107_3561.html?mm=1

中国:指導部の再編に先がけ、弾圧を強化

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1107_3563.html?mm=1

設立から10年、今こそ各国は国際刑事裁判所を支持するべき

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1107_3562.html?mm=1

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ自治政府:イスラ
エル当局は、西岸地区のパレスチナ人の良心の囚人を釈放すべき

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1106_3559.html?mm=1

ビルマ(ミャンマー):ラカイン州の暴動が激化、多数の死者

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1106_3558.html?mm=1

ロシア連邦:野党議員秘書への「拉致・拷問」を調査すべき

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1102_3546.html?mm=1


シリア:良心の囚人全員を、恩赦で釈放せよ

http://www.amnesty.or.jp/news/2012/1102_3544.html?mm=1

□■□ ワン・クリック・アクション ━━━━━━━━━━━━
現在、アムネスティでは下記のウェブアクションを展開しています。世界の国々の人権状況を改善するために、メールを送ってください。


ワン・クリックが集まれば救われる人たちがいます。

パキスタン:命を狙われる少女、マララを守ろう
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/pakistan_20121102.html?mm=1

すべてのアクションを見るには
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/index.html?mm=1


             以上

 

posted by タケシ・トラバート at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。