2012年07月28日

【ポエトリー・ギャングスターズ】久しぶりにメンバー全員が奇遇なことに再結成 9月の「いのちの祭り」にて


12年ぶりに戻ってきた「 いのちの祭り 2012 --NO NUKES ONE LOVE-- 」
開催期間:2012年9月14日〜17日(連休中の四日間)
開催地  :富士山麓 朝霧高原 
ふもとっぱら

その四日間の内、どれかに
かれこれ長いこと “オールスターキャスト” でパフォーマンスしていない、
神出鬼没の
気まぐれ詩人集団
    【ポエトリー・ギャングスターズ】

アースデイ:ラストワルツ-3 (2).jpg
        コピーライトマークOVERHEAD

奇遇なことに
初期のメンバーが全員
ふたたび同じステージに現れます。

’50年代から受け継がれてきたカウンターカルチャーと、
オリジナル・ビート・ボヘミアン・スピリットを、
新しい世代に伝え続けている数少ない、
センチメンタルでサイケデリックな語り部媒体……

  POETRY GANGSTARS

(違う探し物をしていたら、突然出てきた記録。編集しても15分、と長い)
ちゃんとした映像記録がほとんど残っていない【ポエトリー・ギャングスターズ】。
映像は2009年の「アースデイ東京」代々木野外ステージ上でのもの。

◇視聴の際はフルスクリーン・フルヴォリューム・最後のエンドロールまで付き合う覚悟で!
 

☆この場をお借りして、小生の独断で、それも各パフォーマーの許可なしに、
(みんな優しいので許してくれるでしょう、と)、それでも泣く泣く、カットカットカットアップ……
お許しください。

◇ムロケンさんによるリーディングは、あの夜、抜きん出ていたので、ほぼFullVersion。

◇生れて初めて当日、ビデオカメラを手にし、撮影してくれた故・金坂今日子さんにも感謝。

◇このステージから約3年とちょっと。各メンバーの新アプローチも楽しみな9月中旬。





posted by タケシ・トラバート at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 抵抗文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。