2012年07月01日

再考:6.29 首相官邸前抗議運動


from front-line


再考、と頭に持って来てしまったのには、去る6月29日、首相官邸前で行われた大飯原発再稼働反対抗議運動(あえてデモという言葉は使わない)に関して、どうも腑に落ちない点があったから、だけでは、ない。

デモというものは、そもそもの「呼び掛け人」、或いは「主催者」が最後までご丁寧にコントロール可能な、ある種のイベントではない。

参加者が数百人、或いは千人を超えた時点で、抗議集会はかれらの手を離れ、ひとり歩きし、自然に膨れ上がってゆくものである。

実際、あの晩、首相官邸前に集まった方々の多くは主催者の呼び掛けに呼応してやって来たのではなく、このカタストロフ前夜の暴挙を止めさせるため、様々な情報源をたよりに自主的に集まった。

本来の目的から知らずして脱線してゆく「主催者たち」と、かれらや、かれらの「自主規制」に賛同し、しいては警官たちにうまく丸め込まれ、あのオカト違いな「解散宣言」に拍手した一部のデモ参加者たちも、まことにバカ野郎である。

そんな穿った思いに駆られてしまう。

あの夜、あまりに膨れ上がった抗議活動参加者たちのうねりに「主催者」サイドがビビってしまい、そのアタフタぶりをすぐに嗅ぎつけ、弱みに付け込んだ警官たち。
さらには、そろそろおうちに帰りたい警察が、甘い言葉でヒステリックになってしまった「自称主催者」に優しくマイクを渡し、抗議運動をすんなり止めさせてしまったテクニック……

結果的にあの集会は警察の “思うつぼ” に「自称主催者」たちだけでなく、真剣な抗議活動参加者までも踊らされた、一種のショーとして幕を閉じた。

「偽物の達成感」に満たされた参加者のほとんどは、「自称主催者」が警察車両のマイクで訴え掛けた感情論に、まんまと共鳴し、おとなしく、まるで模範生のごとくサーッと帰途についてしまった。

筆者はたまたま警察と主催者との「取引き」現場に居合わせたひとりだった。
その時点で、大飯原発再稼働まで残すところちょうど48時間。

「あなた方もよく頑張った。ケガ人が出る前に丸く収めて、つづきは来週やりなさい」と警察官の誰かが言ったかどうだかは不確かだけれど、「来週もここでデモをやりたければ解散させなさい」といった内容の――警視庁お得意の――手口に、「はい」と応えた(プレッシャーにどぎまぎピリピリし、疲れきっていた)若手主催者たち……
(かれら個人を非難するつもりは毛頭ない。誰だって警官たちに囲まれ、そこへもって落ち着きはらった私服姿の「警視庁」腕章を左腕にさりげなく……警視庁公安部とも、ベテラン警視正ともうかがえるようなヤクザな男たち、余裕たっぷりの猫なで声でウマイ話を持ちかけてくる男たち……冷静になるのが精いっぱいの状態……無理もないが)、
が、愚行……

最後の最後で、茶番劇、である。

あの時、勝手に主催者を名乗るガキやビッチは、来週では遅すぎる、という現実を忘れてしまってたのか? 
あるいは、ホンキに原発再稼働を止めさせるためというより、
毎週金曜日に自分たちの自惚れを満たしてくれるパーティ……そいつを続けたい、それだけのイベント屋でしか、結局のところなかったのだろうか。

こんなこと自分でも書きたくないのに書かずにいられないのは、あの日、原発反対抗議運動にプレスとしてではなく、いち人間として自主的に参加し、現場に最後まで居たいち主観者として、言い知れぬもどかしさ、それをいまだ引きずっているからかもしれない。

その前の週の金曜日に行われた首相官邸前抗議運動ではあまり感じられなかったことだ。
規模が大きく膨れ上がった先日29日の抗議集会では――語弊を恐れずに書けば――かなり幻滅した自分がそこに居たかもしれない。


もちろん「もうあとひと踏ん張り」と幾度か筆者自身感じたし、この日だけでも二度は感慨に浸った一瞬があった。
もしかしたら……と。
片側三車線、計六車線の車道を民衆が埋め尽くした瞬間……

東北だけでなく北海道や、関西地方から駆けつけた有志たちの熱い願いとシュプレヒコール……

しかしそんんな胸が熱くなる場面さえ吹き飛ばしてしまうほどの、主催者を名乗るメンバーと警察の哀しき結託。

そして、ふと思う。

東京新聞の一面を飾ったこともあり有名になってしまったショット……警察車両と警官たちが車道六車線を埋め尽くす群衆を遮っている写真……あるいは空からのショット……キレイに遮断された大勢のデモ参加者……
完全に、袋のネズミ、だ。いや、あるいは屋外劇場のようにも見える……


そもそも何かを変えるための「デモ」ならば多少のリスクや犠牲は付きものである。
ただでさえ「財閥」といった強大なバックが背後にあるバケモノが相手ならばなおさらのこと。自主規制などもってのほか。
せっかく一連の抗議活動で国民にわずかながらも「希望」を与えることに、ある程度は成功していたというのに、もったいないと言うべきか、残念とうなだれるべきか、やはり保身・保守に逃げ込む国民性を露呈してしまったと幻滅すべきか、まあそんなことはこの際もうどうでもよい。

無数の抗議焼身自殺でもない限り、意地でも政府は今日(7月1日)夜9時に大飯原発第三号機を再起動させる。
我々は「敵」のキャラをもう少し早く知るべきだった。

   ◆

最後に個人的な余談で強引に終えるが、過去約20年に渡って世界各地の「抗議デモ」をまのあたりにし、時に巻き込まれ、時に衝突の最前線に身を置き、時に機動隊が発する流れ弾や硝煙に逃げ惑い、時に大切な友人を何人も失ってきた半生の中のひとコマひとコマを思い出す。

自由や大きな変革を勝ち取る、という行為には決して「妥協」の余地など一切ない。
ましてや「今日はこのへんで。では皆さんまた次回!」などといったデモなど見たことも聞いたこともない。
次があるなどという甘い考えでダラダラ続けて成果を出せた抗議デモなど、この時代、存在しない。


                          One Love

なにも筆者はラディカルにやれ! などと言っているのではないが、そう捉えられてもしかたがない……



                                                    7月1日朝
                                           文責:丸本武



posted by タケシ・トラバート at 11:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。