2012年05月23日

◇ 接触 ◇


 


礫砂漠


昔からライヴや展覧会のオープニング・パーティには、こまめに足を運んできた。
それが友人・知人のライヴ・個展であろうとなかろうと……

あたりまえだけど、ライヴ(コンサート、リサイタル、フェスティバル)では、作品の作者 自らが歌い奏で、
展覧会(小規模な作品展から、エキスポ、写真展、絵画展、朗読会……)のオープニングやクロージング・パーティでは、作品とそれらを“創造”した作者と同じ空間を共にすることができるから……

同じ空間を共にし、話し、ハグし、時にkissしたりるすこと……
間接的なものは何もなく、リアリティの洪水、雨、あられ。

こういった“ナマ”のシェアが、いまの弱気な日本に一番 必要なことだと つくづく思う。


今回、実は、ハグやキスの文化について書くつもりだったのだけど、また いつか。


◆二台あったデジタルカメラを数週間前、どこかの山奥に捨ててきてしまったため、しばらくはそれ以前の写真を使ってみようかと思う。
埋もれた瞑作・迷作が、実はかなりあって困っていたので丁度いいかもしれない。



        Takeshi Traubert Marumoto(丸本武)


posted by タケシ・トラバート at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。